*

オープンハウスとは

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 不動産基礎知識

皆さんは『△月〇日オープンハウス開催!』なんてチラシを見たことはないでしょうか?

オープンハウスとは不動産屋さんが特定の開催日を決めて、数日前から物件周辺にチラシを配ったりインターネットで告知したりして物件の情報を伝えます。開催日に来ていただいたお客さんは、自由に物件を見ることができて不動産屋さんは来場したお客さんの中から購入意欲の高い人を探すんです。実際のお部屋を気軽に見学できるので、お客さんにとっては実生活を容易にイメージすることができるんです。物件周辺でより早く購入希望顧客を発見する有力な手段なんです。

週末などはあちこちで開催されているオープンハウス!本記事ではオープンハウスのメリット、デメリットを簡単にご紹介させて頂くとともに、オープンハウスに行くときの注意点についてお伝えしていきたいと思います。

※本記事におけるオープンハウスとは新築・中古を問わず、マンション・一戸建など公開して販売することを指します。

オープンハウスのメリットを2つ

1.予約なしで自由に物件を見学できる

2.実際の広さ、仕様等が確認できる

『予約なしで自由に物件を見学できる』について

オープンハウスの一番のメリットはこれですよね!通常の流れでは、物件を見ようと思ったらまず不動産屋さんに電話をするんです。そして、物件担当に見学の希望を伝えるんです。でも、売主さんがまだ住んでいる場合などは売主さんの都合が合わなかったり、ひどい話になると不動産屋さんの物件担当の都合が合わなかったりして自分が希望する日に物件を見学することが出来なかったりするんです。さらに、いざ見学日が決まっても売主さんが住んでいると気を使ってしまうのでなかなかじっくりと見学できないことも…。

その点オープンハウスでは自分だけの都合で開催時間内であればいつでも予約なしで、売主さんに気を使うことなく自由に見学出来るんです。

『実際の広さ、仕様等が確認できる』について

こちらも見逃せないメリットです。オープンハウスはほとんどの場合、家具などが置いてありません。実際の家の広さは家具などがおいてあると分かりづらいこともあるんです。また、設備などの仕様についても売主さんが住んでいるケースなどではしっかり確認出来ないことも…。その点、オープンハウスでは時間を掛けてしっかりと仕様確認が出来るんです。

オープンハウスのデメリットを1つだけ

正直オープンハウスに参加するデメリットはあまりありません。強いて1つだけあげるとしたらしつこい販売担当者に当たってしまうと面倒くさい営業をかけられることくらいでしょうか…。

オープンハウスに行くときの注意点を2つ

1.駐車違反に気をつける

2.盛り上がりすぎに注意する

『駐車違反に気をつける』について

オープンハウスを開催すると意外に多いのがお客さんの『駐車違反』なんです。オープンハウス会場に駐車場が確保されていれば問題ないのですが、そうでない場合路上駐車をしてしまうことありますよね。(本当はダメなんですが…。)物件を見学して満足して車に戻ると駐車違反のステッカーが…。なんてことにならないように気をつけてくださいね!(私も昔オープンハウスの際、お客さんが駐車違反になって気まずい思いをしたこともあります。ただ、あくまで自己責任です。)

『盛り上がりすぎに注意する』について

実際に物件を見ると盛り上がってしまってすぐに購入申込み!なんて人もオープンハウスでは結構多いんです。でも、ちょっと待ってください。焦って大切なことを見逃してしまうことも…。とにかく焦りは禁物です。チェックポイントを冷静に判断するようにしてくださいね!※物件のチェックポイントについては別記事でご紹介させて頂きますね。

まとめ

あなたがもし不動産に興味があって、近くでオープンハウスが開催されていたら是非、行ってみてください。希望地域でなくても、予算が合わなくても良いんです。なぜならオープンハウスには不動産を購入するためのヒントが沢山詰まっているからです。オープンハウスを見に行くことで不動産に対する知識を沢山身につけて実際に不動産を購入する際の武器にしていただくことえおおススメします。

 

『はるかの不動産教室』を応援して下さる方は下のボタンをクリック!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

下記お問合せフォームから不動産に関わる無料相談をお受けしておりますので気軽にお問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

不動産とは

不動産とは【ドラマと選択肢、天国、地獄どちらに転ぶかはあなた次第です!】

不動産とは(ふどうさん、英: immovables)、 国際私法や大陸法系の民事法で用いられる

記事を読む

はるかの不動産教室

『はるかの不動産教室』BLOGスタート!!

不動産とは、 国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、 大まかにいうと土地とそ

記事を読む

不動産仲介業者

不動産屋さん

不動産を売却される方、不動産を購入される方、不動産を貸す方、不動産を借りる方の多くが不動産仲介業者=

記事を読む

住宅ローンを知る

住宅ローンを知る

住宅ローンってどこで組めば良いの? また、 住宅ローンで価格交渉も出来るって? 本

記事を読む

これからの不動産市場

これからの不動産市場について考えてみましょう!

土地価格はあがるの? それとも下がるの? これから先のことを読むのは本当に難しいですね。

記事を読む

媒介契約って?

不動産の契約って何?【専属専任・専任・一般の違いって?】

不動産を 売るとき、 買うとき、 貸すとき、 借りるとき、 不動産屋さんと

記事を読む

不動産購入申込

不動産購入申込

不動産購入申込って何でしょう? ちなみに 買付申込 とも言います。 皆さんが

記事を読む

不動産の契約時の注意

不動産の契約時の注意(契約前に重要事項説明)

不動産を 売るにも 買うにも 当然のことですが 契約行為 が必要になり

記事を読む

不動産広告にご注意

不動産広告の注意点

土日の新聞の折込広告 郵便ポストに入っているチラシ インターネット上の広告 等々

記事を読む

不動産の価格

不動産の価格って?

不動産の価格って誰が決めるのでしょうか?その答えは…売る人と、買う人が決めるんです。※何を当たり前の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自然災害と不動産
自然災害と不動産【地震保険値上げ!】

はるかの不動産教室、相変わらず更新頻度が少なくて申し訳ないです。もっと

囲い込み絶対ダメ!【週刊ダイヤモンドさん素晴らしい!】

平成27年4月13日 久しぶりに感動しました!週刊ダイヤモンドさ

物件を隠す?不動産業界で絶対にあってはいけないこと

張り切って今日もブログを更新したいと思います。 今日は不動産業界

不動産業界は変わらない
不動産業界はどう変わるのか?

本記事はこれからの不動産業界の事を考えて私の個人的な考えをお伝えするも

井戸の祟り

久しぶりにブログの更新です! 気が付けば4カ月以上ブログを更新出

→もっと見る

  • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
    にほんブログ村
PAGE TOP ↑