*

不動産広告の注意点

公開日: : 最終更新日:2014/04/05 不動産基礎知識

  • 土日の新聞の折込広告
  • 郵便ポストに入っているチラシ
  • インターネット上の広告

等々世の中には恐ろしいほど沢山の広告があります。

「こんな広告に興味はない」

「勝手に人の家のポストにチラシを入れるな…!」

なんて思っている方も多いと思いますが、見たい、見たくないにかかわらず私たちの日々日常においてどうしても広告は目に入るものなんです。そんな広告の中には紛らわしいもの、正確でないもの、悪意のあるもの、等々皆さんの生活に悪影響を与えるものも少なくはありません。そんな広告の中でも

不動産広告には最大限の注意が必要なんです。

本記事ではそんな不動産広告の注意点を皆さんに少しでもお伝えできればと思っています。

 なぜ不動産広告は注意が必要なの?

沢山ある広告の中でどうして不動産広告に注意が必要なのでしょうか?その理由を3つだけご紹介します。

  1. 金額が高価である
  2. 素人では良し悪しの判断が難しい
  3. 情報が変わるスピードが早い

一生のうちに不動産を手に入れる機会はそう何度もありませんよね。にもかかわらず不当に高額で購入させられたら、騙されて悪い物件をつかまされたら、間違った情報を伝えられたら、そんな理由から不動産広告には注意が必要なんです。

不動産広告の厳しいルール

不動産広告には先ほどの3つの理由から他の広告に比べて様々な厳しいルールがあるんです。そのルールのいくつかを簡単にご紹介します。

完全表現の禁止

完全、完璧、万全、絶対等の表現の禁止

もしも広告に

  • 完全防音」
  • 「震度7でも絶対に倒れません」
  • 完璧な立地です」

なんて記載があったらルール違反にになるんです。ところが

  • 万全目指すセキュリティシステム」
  • 「震度7でも絶対に倒れないことを目標にした!

なんて具合に完全表現が入っていてもルール違反にならないこともあるんです。私としてはどっちもどっちのような気がするんですが…。

優位表現の禁止

抜群、優良、超〇〇、他に類をみない等の禁止

  • 「日当たり抜群の立地です」
  • お得な物件です」
  • 他に類を見ない住環境です」

なんて表現は『具体的な根拠が定義できない』という理由で禁止とされているんです。

実際の不動産広告は?

皆さん少しだけ、自分たちの周りにある不動産広告に目を向けてみてください。ひょっとしたら、いや、きっと間違いなく禁止されている表現がみつかるのではないでしょうか?

いくら禁止されていても実際は使われているケースが沢山あるんです。広告を作成した人が

  • 細かなルールを知らなかったり
  • うっかり入れてしまったり
  • 悪意を持って虚偽の表記をしたり

することもあるんです。

ルール違反の広告で一番気をつけるポイント!

その広告に「悪意」があるかどうかなんです。私の知る限り悪意のあるチラシを作成する不動産屋さんに良い不動産屋さんはいないんです。

もし、不当な広告に騙されてしまったら

  • 広告の内容と現実が違ったら
  • 騙されたと感じたら

すぐに第三者に相談しましょう。広告を作成した業者に悪意がある場合は直接文句を言ったとしても『うっかりしていました…。(-_-)/~~』とか『ちゃんと訂正したはずだ…。(-_-)/~~』なんて言って素人である皆さんを躱そうとするはずです。ですからしかるべく相談者弁護士宅建協会消費者センター等)に少しでも早く相談することが大切になってくるんです。

不動産広告には細心の注意をもって臨んでくださいね!また、たとえ悪意がなかったとしても

広告のルールを守らないことは許されないことなんです。皆さんご注意ください。広告の内容を見るだけでその不動産屋さんの姿勢が判断出来ちゃうんです。わたしも広告を作成する際は、とりわけ気を引き締めていこうと思ってます。

 

下記お問合せフォームから不動産に関わる無料相談をお受けしておりますので気軽にお問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

不動産仲介手数料

不動産仲介手数料って何?

不動産仲介手数料って何なんでしょう?不動産仲介手数料とは不動産屋さんの仲介などによって不動産の取引を

記事を読む

住宅ローンを知る

住宅ローンを知る

住宅ローンってどこで組めば良いの? また、 住宅ローンで価格交渉も出来るって? 本

記事を読む

不動産仲介業者

不動産屋さん

不動産を売却される方、不動産を購入される方、不動産を貸す方、不動産を借りる方の多くが不動産仲介業者=

記事を読む

不動産の価格

不動産の価格って?

不動産の価格って誰が決めるのでしょうか?その答えは…売る人と、買う人が決めるんです。※何を当たり前の

記事を読む

はるかの不動産教室

『はるかの不動産教室』BLOGスタート!!

不動産とは、 国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、 大まかにいうと土地とそ

記事を読む

不動産の契約時の注意

不動産の契約時の注意(契約前に重要事項説明)

不動産を 売るにも 買うにも 当然のことですが 契約行為 が必要になり

記事を読む

これからの不動産市場

これからの不動産市場について考えてみましょう!

土地価格はあがるの? それとも下がるの? これから先のことを読むのは本当に難しいですね。

記事を読む

付帯設備表

不動産取引で設備のトラブルを防ぐために!

不動産取引において 設備のトラブルを防ぐために必要なもの それは 付帯設備表

記事を読む

不動産購入申込

不動産購入申込

不動産購入申込って何でしょう? ちなみに 買付申込 とも言います。 皆さんが

記事を読む

媒介契約って?

不動産の契約って何?【専属専任・専任・一般の違いって?】

不動産を 売るとき、 買うとき、 貸すとき、 借りるとき、 不動産屋さんと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

不動産業界の行末

気がつけば前回の更新から2年半以上の月日が流れました! 皆さんお

自然災害と不動産
自然災害と不動産【地震保険値上げ!】

はるかの不動産教室、相変わらず更新頻度が少なくて申し訳ないです。もっと

囲い込み絶対ダメ!【週刊ダイヤモンドさん素晴らしい!】

平成27年4月13日 久しぶりに感動しました!週刊ダイヤモンドさ

物件を隠す?不動産業界で絶対にあってはいけないこと

張り切って今日もブログを更新したいと思います。 今日は不動産業界

不動産業界は変わらない
不動産業界はどう変わるのか?

本記事はこれからの不動産業界の事を考えて私の個人的な考えをお伝えするも

→もっと見る

  • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
    にほんブログ村
PAGE TOP ↑