*

野立て看板

公開日: : 最終更新日:2015/01/08 不動産関連

野立て看板(のだてかんばん)とは街路や路地、田畑などに設けて、通行人や乗客に店舗や企業などをPR、案内、誘導したりするための看板。略して野立などともいう。広告の一手段であり、屋外広告物に属する。狭義では鉄道沿線に設けられた田畑に立てる大型看板を指す。素材はアルミやステンレス等の金属、木材、プラスチックなど、設置条件に応じて様々なものが用いられる。なお、市民への啓発を目的とした行政立て看板も存在するが、これは、野立て看板とは呼ばない。(ウィキペディア参照)

意識して見渡してみると世の中は看板だらけなんです。先日、はるか不動産も看板を設置したのですがこれだけインターネットが発達している中でもまだまだ野立て看板は沢山あります。そこで本記事では土地の有効活用の一つとして野立て看板についてご紹介させて頂きたいと思います。

はるか不動産の看板

野立て看板の募集の仕方

そもそも野立て看板の需要はあるのでしょうか?主要幹線沿いや大きな交差点などでは十分に需要があります。実際にそういった場所に土地を持っていて何も活用しないのはもったいないです。

でも、野立て看板を立てるには当然ですがお金が掛かります。せっかくお金を掛けて看板を立てたのにお客様が見つからないのは困りますよね!如何にしてお客様を集めることが出来るかが一番大事になってくるんです。(お客様がつかなくて朽ち果てた看板もよく見かけますよね…。)

個人でも募集可能

募集を個人ですることも可能です。でも、労力の割になかなか難しいのが現実です。その為、一般的にはその地域を良く知る近隣の看板屋さんや広告を扱っている業者さんに一括してお任せするケースが多いんです。

一体いくら位儲かるの?

大きさや立地によって看板収入はバラバラです。業者さんお任せの場合は年間で5,000円~15万円位が相場になってきます。(もちろん渋谷のスクランブル交差点近辺などではとんでもない看板収入も見込めますが…。)一般的に、看板制作費は広告依頼主さん持ちで何本も立ててもらえれば、それだけ収入も増えることになります。

私の知り合いの地主さんは商業施設の近くに沢山土地を持っていて看板収入だけで年間300万円ほどあるそうです。(羨ましい話ですね!)

医療機関が美味しい

病院などの医療機関は新聞の折込広告などが医療法の広告規制があってなかなか出来ないんです。だからこそ医療機関は野立て看板をとても重宝しています。看板募集をする際は医療機関はかなり美味しいターゲットになるんです。

まとめ

もしあなたが目立つところに土地を持っていたら是非、野立て看板にチャレンジしてみてください。変形地や狭小地等なんでもOKです。土地は持っているだけではただの金食い虫なんです。土地の活用方法を知ることであなたの不動産を守ること出来るんです。でも、一つだけ気をつけて欲しいことがあるんです。それは複数の看板屋さんに声を掛けて欲しいということなんです。私の知る限り、看板屋さんよって地主さんへの地代や看板製作費がビックリするくらい違うんです。変な看板屋さんに騙されて損をしないように気をつけてくださいね!

 

『はるかの不動産教室』を応援して下さる方はボタンをクリック!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

下記お問合せフォームから不動産に関わる無料相談をお受けしておりますので気軽にお問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文




関連記事

解体する?

解体する?【売主さん・買主さんどちらが解体するの?良い解体業者の選び方】

土地を探していてもなかなか良い物件が見つからない! なんてことはよくある話ですよね。 世

記事を読む

火災保険注意点

火災保険加入の注意点

火災保険 皆さんは ちゃんと加入していますか? 不動産を手に入れたら 安心し

記事を読む

ハウスクリーニング

ハウスクリーニング業者

ハウスクリーニングって何?簡単にいうと『本格的な家のお掃除』のことなんです。 不動産屋の仕事を

記事を読む

他業種と不動産業

他業種から不動産業へ

平成23年9月29日 今から2年以上前の話ですが私にとって衝撃的なニュースがありました。 『イ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

不動産業界の行末

気がつけば前回の更新から2年半以上の月日が流れました! 皆さんお

自然災害と不動産
自然災害と不動産【地震保険値上げ!】

はるかの不動産教室、相変わらず更新頻度が少なくて申し訳ないです。もっと

囲い込み絶対ダメ!【週刊ダイヤモンドさん素晴らしい!】

平成27年4月13日 久しぶりに感動しました!週刊ダイヤモンドさ

物件を隠す?不動産業界で絶対にあってはいけないこと

張り切って今日もブログを更新したいと思います。 今日は不動産業界

不動産業界は変わらない
不動産業界はどう変わるのか?

本記事はこれからの不動産業界の事を考えて私の個人的な考えをお伝えするも

→もっと見る

  • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
    にほんブログ村
PAGE TOP ↑