*

隣の土地も一緒に

公開日: : 最終更新日:2015/01/08 はるかの不動産価格交渉術

本記事は土地の売却についてのお話です。自分の土地を売却しようとしたときに是非考えて頂きたいことがあります。それは

『隣の土地も一緒に売却出来ないか?』

と言う事なんです。

もちろん隣の土地の所有者は自分ではない場合の話です。隣の土地も一緒に売却出来る事で予想を上回るメリットがあるかも知れないんです。

『隣の土地も一緒に売却』の有効なケース

自分の土地だけでなく隣の土地も一緒に売却した方が良いケースを2つご紹介させて頂きます。

  • 自分の土地が小さい
  • 自分の土地の形悪い

自分の土地が小さいケース

あなたの売却したい土地が20坪しかなかったら…。

一般的な建売の大きさは1階と2階をあわせて30坪くらいです。車が2台置けて庭も少し欲しいなあと考えると家を建てる為に40坪位は欲しいところです。(もちろん地域にもよりますが…。)それなのにあなたの土地は20坪…。20坪で売りに出しても残念ながら相場価格ではまず売れません。そんな時、隣の土地が

月極駐車場だったら…。家庭菜園だったら…。空き家だったら…。大チャンスです!

すぐに隣の土地の所有者を調べましょう!

隣の土地と一緒に売却することでより高く売れることが多いんです!

自分の土地が小さい

自分の土地の形が悪いケース

あなたの売却したい土地が三角形だったら…。

一般的に不整形(形が悪い)な土地は人気がありません。自分が購入することを考えれば分かるのですがやっぱり土地は形が良い方が人気がありますよね!それなのにあなたの土地は三角形…。自分の土地だけで売りに出しても残念ながら相場価格ではまず売れません。そんな時、

隣の土地を合わせるとほぼ整形地になるのなら…。(隣の土地も三角形で…。)大チャンスです!

すぐに隣の土地の所有者を調べましょう!

隣の土地と一緒に売却することでより高く売れることが多いんです!

形が悪い土地

隣の土地の所有者を口説く

隣の土地も一緒に売却できればあなたの土地をより高く売却できる可能性が出てきます。でも、実現できるかどうかは良い不動産屋さんとの出会いが必要になってきます。

交渉が上手で、フットワークが軽い不動産屋さんをうまく選べるかがとても大事になるんです。『良い不動産屋さんの選び方【売却編】』 参照

交渉がうまくいかないと一緒に売却が出来なかったり、仮に一緒に売却出来たとしても隣の土地の所有者に足元を見られてしまって不利な状況になってしまうこともあるんです。

隣の土地も一緒に売却出来るチャンスがあれば必ずチャレンジしてみてください。思った以上に有利に売却がすすむかもしれませんよ!

 

『はるかの不動産教室』を応援して下さる方はボタンをクリック!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

下記お問合せフォームから不動産に関わる無料相談をお受けしておりますので気軽にお問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

記事はありませんでした

Comment

  1. あずちゃん より:

    開業手続きは終了致しました。
    何から始めたら良いでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自然災害と不動産
自然災害と不動産【地震保険値上げ!】

はるかの不動産教室、相変わらず更新頻度が少なくて申し訳ないです。もっと

囲い込み絶対ダメ!【週刊ダイヤモンドさん素晴らしい!】

平成27年4月13日 久しぶりに感動しました!週刊ダイヤモンドさ

物件を隠す?不動産業界で絶対にあってはいけないこと

張り切って今日もブログを更新したいと思います。 今日は不動産業界

不動産業界は変わらない
不動産業界はどう変わるのか?

本記事はこれからの不動産業界の事を考えて私の個人的な考えをお伝えするも

井戸の祟り

久しぶりにブログの更新です! 気が付けば4カ月以上ブログを更新出

→もっと見る

  • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
    にほんブログ村
PAGE TOP ↑