*

井戸の祟り

公開日: : 最終更新日:2015/03/29 ちょいと一息

久しぶりにブログの更新です!

気が付けば4カ月以上ブログを更新出来ていませんでした。忙しい中でも定期的にブログを更新されているブロガーの方たちには本当に頭が下がります。私ももう少し高い頻度で更新できるように自分に活を入れたいと思います。

気を取り直して本日のお題目は『井戸』です。

不動産の取引していると井戸がある(もしくは過去にあった)物件に遭遇することも多いんです。(特に田舎の方では普通に遭遇します)

当然皆さん知っていると思いますが改めて

井戸とは?

井戸(いど)は地下水、温泉、石油、天然ガスなどをくみ上げるため、または水を注入するために、地面を深く掘った設備である。

一般に「井戸」といった場合には地下の帯水層から地下水を汲み上げるために地層や岩石を人工的に掘削した採水施設を指すことが多い。(ウィキペディア参照)

今回の話は現況(目に見えている状態)で井戸がある話ではなくて、

過去に井戸があったケース

についてご紹介していきたいと思います。

皆さん井戸に対するイメージってどんな感じでしょうか?以下比較的多い意見をご紹介します。

  1. なんだかお化けが出そうで怖い
  2. 埋めると祟られそう
  3. 湿気があってジメジメしてそう
  4. 埋めた場所は地盤が悪そう

井戸お祓い

井戸に対するイメージは皆さんもこんな感じではないでしょうか?

こんな意見が多いので井戸がある(もしくは過去にあった)物件は私も注意しています。

何を注意するのか?当然のことですが必ず買主さんに井戸の存在を説明することです!

ただ、世の中には過去に井戸があった場合で現在埋めてしまっている場合は買主さんへの説明を省く不動産屋さんもいるんです!

購入して家を建てて住んでから近所の方から

『あそこは井戸があったんだよ~。』なんて言われて気付くこともあるんです。

人によっては井戸があったという事実だけで購入を見送る方も実はいるんです。

縁起が悪いと感じたり、湿気が怖いと思い込んでいたり、そんな理由で井戸の有無は購入決定に関わる重要な事項なんです。

にもかかわらず重要事項説明書に記載しない不動産屋さんも意外に多いので本当に気をつけなければいけません。

井戸の有無は心理的瑕疵につながります。もちろん埋戻しをするために費用が掛かるという物理的瑕疵もあるんです。

人によって井戸の有無にまったく無頓着な方もいますが不動産屋さんはプロとして井戸の有無に関しては必ず説明するべきだと思います。

重要事項説明書は不動産屋さんによって、また同じ会社でも担当者によって内容が違います。

どこまで重要事項説明書に記載するのか?どこまでが告知事項なのか?

明確な答えは実はないのですが少なくとも買主さんがあとから知って気にする事項は必ず伝えなければいけないですよね!

参考記事:『告知事項アリ!【ワケ有り物件。自殺・事件以外にも告知事項に該当するものが沢山ある…!】』    
『はるかの不動産教室』を応援して下さる方は下のボタンをクリック!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

下記お問合せフォームから不動産に関わる無料相談をお受けしておりますので気軽にお問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

日本経済と不動産

日本経済と不動産【日経平均は上昇中!不動産価格は?】

日経平均株価が15,000円を超えました。 私は株はやっていないですが昨年の暮れに 民主

記事を読む

どうやって選んだら良いの?

どうやって選んだら良いの?四者択一から百者択一の時代へ!『情報化社会がもたらす弊害』

※本記事を掲載する前提として 先に宣言します。 決して不動産屋として面倒くさいと思ってい

記事を読む

無人島

無人島は買える?

私は無人島に暮らしたいと思っています。ごくたまに私と同じような考えの人から『無人島は買えるの?』なん

記事を読む

人がいなくなる

少子高齢化による日本の人口減と不動産

少子高齢化って言葉は昔からある言葉ですが、最近は毎日のように聞く言葉になってしまいました。 ち

記事を読む

別荘を購入したい

別荘を購入したい

先日ご縁がある建築屋さんの紹介でログハウスの展示場に行ってきました。いつか別荘を購入するならログハウ

記事を読む

ネタ

不動産に関するネタ大募集!

はるかの不動産教室BLOGを読んでいただいてありがとうございます。ブログを始めて早5カ月になりました

記事を読む

ソチオリンピック開催

ソチオリンピック開催!東京オリンピックも2020年開催!

ソチオリンピックがいよいよ開幕しました。 浅田真央さんや高梨沙羅さんなどメダルの期待が掛かる

記事を読む

住めば都

住めば都と言うけれど実際には?

不動産を探していて 気に入った物件が見つかって 決断の時 を迎えます。 前に

記事を読む

駐車場

駐車場の大きさ

公共交通機関の整備が進んでいない地域では車は生活必需品なんです。 昔は一家に一台が多かったので

記事を読む

不動産業界は変わらない

不動産業界はどう変わるのか?

本記事はこれからの不動産業界の事を考えて私の個人的な考えをお伝えするものです。 ちなみに不動産

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

不動産業界の行末

気がつけば前回の更新から2年半以上の月日が流れました! 皆さんお

自然災害と不動産
自然災害と不動産【地震保険値上げ!】

はるかの不動産教室、相変わらず更新頻度が少なくて申し訳ないです。もっと

囲い込み絶対ダメ!【週刊ダイヤモンドさん素晴らしい!】

平成27年4月13日 久しぶりに感動しました!週刊ダイヤモンドさ

物件を隠す?不動産業界で絶対にあってはいけないこと

張り切って今日もブログを更新したいと思います。 今日は不動産業界

不動産業界は変わらない
不動産業界はどう変わるのか?

本記事はこれからの不動産業界の事を考えて私の個人的な考えをお伝えするも

→もっと見る

  • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
    にほんブログ村
PAGE TOP ↑