*

不動産価格交渉(買主さん)

公開日: : 最終更新日:2014/02/03 価格交渉

不動産を買うときって何かコツはあるの?

もちろんあります。

まず価格交渉をする前に一番大事なことは

物件を見定める目を養うことなんです。

購入予定が

  • 土地でも
  • 一戸建でも
  • マンションでも

とにかく物件を見定める目がないと

価格交渉はスタート出来ません。

とくに土地の見定めは一般の方には非常に難しいので

土地を見る上でのポイントを2点だけご紹介します。

 

1.地盤の強さ

地盤の強さはその土地を実際に調査(スウェーデン式サウンディング試験等)しないと分かりません。

一般的に契約日以降でないと売主さんは調査をさせてくれないことが多いんです。

地盤改良はハウスメーカー・工務店によって様々な方法を行いますが、

なかには鋼管杭10m以上を打つことになって400万円かかったなんてことも…。(T_T)

地盤を見定めるヒントを知って少しでも安心するために

物件所在地の地名に注目してみてください。

 

  • 〇川町
  • △田町
  • ▽瀬町

など水に関連する地名は比較的地盤が悪いことが多いので注意が必要なんです。

次に

物件のまわりを見回してください。

電信柱は傾いていませんか?

電信柱は地上に出ている長さの半分くらいが地中に刺さっているんです。

傾いているようでしたら軟弱地盤の可能性が高いといえるんです。

自分で出来るポイントは他にも沢山ありますが、

詳しくはまた別のページでご紹介致します。

 

2.高低差の有無

土地を見定める上で高低差は意外と見落とされがちです。

明らかに崖があるような場合はさすがに気になるでしょうが

40㎝程度の高低差くらいですと意外に気にしない人が多いようです。

『たかが40cm、されど40cm』

なんです!

そのままにしておくと雨が降った時に

隣地道路などに土が流れ出てしまうんです。

それを防ぐために、

  • 土を捨てるのにお金が掛かるんです
  • コンクリートブロック(40㎝であれば最低2段)を敷地周りに積む場合ももちろんお金が掛かります。

他にも土地を見定めるポイントは沢山ございますが詳しくは別ページでご紹介いたします。

 

価格交渉で物件を見定める目が必要な理由って?

それは

物件の弱点を探す

ためなんです。

何も自分の購入意欲に水を差すために弱点を探すのではありません。

物件を気に入ったからこそ弱点を探すのです。

そして、その弱点を利用して売主さんとの価格交渉に臨んでください。

売主さんは自分の土地を知っています。

でも自分の土地の弱点というのは意外と気づいてない場合が多いです。

だからこそそこをつくのです。

あなたが売主さんだったとして

全く理由も無いのに

『値引きしてくれ!』

と言われたらどう思いますか?

決して良い気持ちはしないですよね!

ただ、売主さんが気づいていない弱点

例えば

『気に入っているんですが

少しお隣と高低差があるので、

住宅メーカーさんが

ブロックを積む必要があると言っているので〇〇円にして頂けませんか?』

とか

『気に入っているんですが、

住宅メーカーさんが

この辺りは少し地盤が心配だと言っているので、

地盤改良が必要になるかもしれないので〇〇円にして頂けませんか?』

というように、

流れとして

気に入っているんです!

弱点をつく(第三者が言っていることにする)

価格交渉

という流れで交渉を行ってみてください。

売主さんも人間です。

価格交渉に適正な理由

があれば価格交渉に全く応じないなんてことはほとんどないんです。

また、買主さんが物件の弱点を言ってしまうと

角が立つことがあるんです。

そこでうまく、

第三者を出しましょう。

(契約時や決済時には売主さんと直接お会いするんです。その時、良い関係でいられるように必ず必要なことです)

 

私もよく買主さんから価格交渉を依頼されます。

そんな時に、何の理由も無いのに

価格交渉を依頼された場合時は、なかなか気が進まないものです。

適正な理由

自分達の思い

を上手に売主さんに伝えて

価格交渉を有利に進めていけるように頑張ってくださいね!

 

下記お問合せフォームから不動産に関わる無料相談をお受けしておりますので気軽にお問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

不動産価格交渉(売主編)

不動産価格交渉(売主さん)

売主さんの不動産価格交渉って何?そもそも価格交渉って買主さんが売主さんに対してすることじゃないの?答

記事を読む

隣の土地は倍出しても買え

隣の土地は倍出しても買え!

かなり昔から 「隣の土地は倍出しても買え!」(3倍出してでも買え!なんてことを言う人も…。)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

不動産業界の行末

気がつけば前回の更新から2年半以上の月日が流れました! 皆さんお

自然災害と不動産
自然災害と不動産【地震保険値上げ!】

はるかの不動産教室、相変わらず更新頻度が少なくて申し訳ないです。もっと

囲い込み絶対ダメ!【週刊ダイヤモンドさん素晴らしい!】

平成27年4月13日 久しぶりに感動しました!週刊ダイヤモンドさ

物件を隠す?不動産業界で絶対にあってはいけないこと

張り切って今日もブログを更新したいと思います。 今日は不動産業界

不動産業界は変わらない
不動産業界はどう変わるのか?

本記事はこれからの不動産業界の事を考えて私の個人的な考えをお伝えするも

→もっと見る

  • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
    にほんブログ村
PAGE TOP ↑