*

決済の現場で困った話

公開日: : 裏話

決済って何?

本記事でお話しする決済とは不動産引渡しの事とお考えください。

不動産取引のフィナーレを飾るのが

決済です。

  • 売主さんはお金がもらえます。
  • 買主さんはお金を支払って、自分のものにしてもらえます。(所有権移転登記)

まずは、

決済時に出席する人たちをご紹介します。

  • 売主さん
  • 買主さん
  • 不動産仲介業者
  • 司法書士
  • 金融機関

基本的にはこれだけの人たちが集まります。

一般的には金融機関の一室をお借りして行う場合が多いのですが、その決済の現場では

意外に多く困った事が起きるんです。

  • 売主さんが実印を忘れた
  • 売主さんが権利証を持っていない
  • 突然買主さんが値交渉を始めた

等々、

普通に考えたらありえないようなことが起きたりするんです。

 

売主さんが実印を忘れた時の解決方法

基本的にはどうにもなりません。

とにかく急いで実印を取りに行ってもらうしかないんです。

良くあるのが、実印と普段使っている印鑑の

印影(捺印した時の印鑑の形)がそっくりな場合にこのミスはおきます。

売主さんが遠方の方ですと決済日をずらすことになってしまうので、念の為に

「家にある印鑑は全部持って来てください。」

位のスタイルがおススメです。

 

売主さんが権利証を持っていない時の解決方法

これも意外に良くあります。

解決方法は意外に簡単です。

取りに帰る、もしくは

お金で解決出来ます。

司法書士さんの出番です。

法務局に提出する書類を司法書士さんにその場で作成してもらいます。

金額は司法書士さんによりますが

3万円~5万円

位で作ってくれます。

痛い出費ですが権利証がなくても無事決済することができちゃうんです。

 

突然買主さんが値交渉を始めた場合の解決方法

何らかの理由があって、もしくは何の理由もないのに、その場で突然値交渉を始める買主さんがごくごく稀にいます。

何らかの理由があれば、その場で契約内容の変更の書類を交わして減額をするのも一つの手です。

しかし、基本的にはどんな理由があるにしろ最初に交わした契約が優先されますので、売主さんも不動産仲介業者も毅然とした態度で交渉を断るべきです。

場合によっては買主さんに対して損害賠償も出来ますのでそんな買主には負けないようにしましょう。

 

他にも、決済の場では問題が起きることがあります。

契約してそれで安心していると思いもよらない落とし穴に落ちてしまうこともありますので、決済が終わるまでは気を引き締めていきましょう。

「終わり良ければ全て良し」

 

下記お問合せフォームから不動産に関わる無料相談をお受けしておりますので気軽にお問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

住宅営業と不動産屋さん

住宅メーカー営業時代に不動産屋さんに対して思ったこと

私が不動産業界に飛び込む前は 7年以上に亘って住宅メーカーの営業マンをしていました。 ハ

記事を読む

物件を隠す?不動産業界で絶対にあってはいけないこと

張り切って今日もブログを更新したいと思います。 今日は不動産業界の悪しき習慣の一つである『物件

記事を読む

大手と街の不動産屋

大手不動産会社と街の不動産屋さんの違い【店舗編】

先回から引き続いて『大手不動産会社と街の不動産屋さんの違い』シリーズ第二弾です。 ※シリーズ第

記事を読む

不動産物件調査ミス

不動産物件調査ミスによるトラブル!

不動産って難しいことが多いですよね! 特に目に見えない部分に関しては 一般の方にはまるで

記事を読む

お墓の近くの土地

お墓の近くの土地

お墓の近くの土地って皆さんどう思われますか? 『お墓の近くはなんだか怖い!』『お墓の近くは暗い

記事を読む

女性の不動屋さん

女性の不動産屋さん

先日、私と同じ時期に不動産屋さんを開業した女性の社長とお話をする機会がありました。(元同僚なんですが

記事を読む

大手不動産会社

大手不動産会社

世の中には大手不動産会社から、小規模の街の不動産屋さんまで非常に多く存在しています。 ちなみに

記事を読む

嫌悪施設って何?【不動産取引における色々な嫌悪対象物】

嫌悪施設って何? 嫌悪施設とは、(みんなが嫌いで、悪い印象を持つ施設) その存在が周囲の

記事を読む

遠方の不動産【購入編】

遠方の不動産【購入編】

『遠方の不動産の購入って大変なんでしょうか?』なんて質問を受けることがあります。例えば、東京に住んで

記事を読む

施主手配

施主手配

施主手配(せしゅてはい)って何?皆さんひょっとしたら初めて聞く言葉かもしれませんね?建築関係の方なら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

不動産業界の行末

気がつけば前回の更新から2年半以上の月日が流れました! 皆さんお

自然災害と不動産
自然災害と不動産【地震保険値上げ!】

はるかの不動産教室、相変わらず更新頻度が少なくて申し訳ないです。もっと

囲い込み絶対ダメ!【週刊ダイヤモンドさん素晴らしい!】

平成27年4月13日 久しぶりに感動しました!週刊ダイヤモンドさ

物件を隠す?不動産業界で絶対にあってはいけないこと

張り切って今日もブログを更新したいと思います。 今日は不動産業界

不動産業界は変わらない
不動産業界はどう変わるのか?

本記事はこれからの不動産業界の事を考えて私の個人的な考えをお伝えするも

→もっと見る

  • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
    にほんブログ村
PAGE TOP ↑