*

解体する?【売主さん・買主さんどちらが解体するの?良い解体業者の選び方】

公開日: : 最終更新日:2014/02/11 不動産関連

土地を探していてもなかなか良い物件が見つからない!

なんてことはよくある話ですよね。

世の中にある土地には限りがあるんです。

土地情報ばかり見ていても進展はなかったりしますよね。

そんな時、

目線を変えて

中古戸建

にも目を向けてみる必要があるんです!

思いの外、

  • 自分の理想に合った場所で
  • 築年数が古いのに(築25年以上とか)
  • 中古戸建として売りに出ている

物件があるかもしれません。

更地にしたらとっても

素敵な土地に早変わり

なんてことも決して珍しくありません。

ただし、

古家つき物件や、中古戸建って解体するときに注意が必要なんです。

そもそも売主さん、買主さんのどちらが解体するの?

正解は

どちらでもOKなんです。

売主さん、買主さんで話し合ってどちらで解体するのかを決めてもらえばいいだけなんです。

 

売主さん手配で解体

売主さんが解体業者を手配して解体する場合の注意点は

・買主さんが納得する解体をしてくれるかどうか

なんです。

解体と一口に言ってもお願いする解体業者によって

千差万別

なんです。

例えば、

  1. 旧家屋の基礎を地中に埋めてしまったり
  2. お隣との越境に気付かず中途半端に解体したり
  3. ご近所の方とトラブルを起こしてしまったり

という問題を起こしてしまう解体業者もあるんです。

売主さんは買主さんに

土地を引渡し終わって、お金をもらったらそれで縁が切れてしまうんです。

冷たい言い方をすると、引き渡した後は売主さんにとっては

過去の事

になってしまうんです。

『三ヵ月間の瑕疵担保責任は必ず要求しましょう。』詳しくはまた別ページで紹介します。)

しかし、

買主さんはそういうわけにはいきません。

あくまで引渡しは

タート

なるんです。

 

先ほど紹介したような問題が実際に起きた場合

1の場合、家を建てようと思った時に地中からコンクリートの破片などが出てきたら…。

びっくりするほど高額な撤去費用が掛かっちゃうんです。

2の場合、後々の近隣トラブルにつながり、

また場合によっては1の場合と同じように思った以上に大きな出費があるかもしれないんです。

3の場合、いざ買主さんが住み始めた時に、

解体が原因で自分は何も悪くないのにもかかわらず村八分になってしまうかもしれないんです。

 

何も考えずに簡単に更地渡しで…

なんてお願いをしてしまうと思わぬ失敗があるかもしれません。

そんなことにならないために

  • 解体方法は?(重機を使うの?音は?ホコリは…?)
  • 解体範囲はちゃんと決まっているか?(木は残すの?塀は?側溝は…?)
  • 解体業者はしっかりしているのか?(廃棄物処理は適法に行ってくれるの?評判は…?)

等々、確認を必ずしなければいけないんです。

 

買主さん手配で解体

買主さんが解体業者を手配して解体する場合の注意点は

しっかりした解体業者を選ばないと結局ひどい目に会う

(売主さん手配でやる場合と基本的には一緒なんです)

ということなんです。

 

当然ですが近所の方からするとあなたは

新参者

なんです。

少しでも解体費用は抑えたいのが本音でしょうが

考えてみてください。

もし、あなたが昔から住んでいるところに新しい住人が引越してきたら…。

あなたも少しばかり警戒するのではないでしょうか?

ですから、

解体業者は値段が安いなんてだけでなく

  • 実績があって評判は良いか?
  • 近隣への挨拶はしっかり行ってくれるか?

そういった点をしっかり吟味して選ぶようにしてください。

 

※良い解体業者を見つけるのに役立つサイトがあります。ご紹介しますので参考にしてみてくださいね!

解体工事の匠

 

解体の事をよく知ることによって皆さんの土地探しも少し違ってくるんです。

解体と一口にいっても難しいことが多いので

そういったアドバイスもしてくれる不動産屋さんに出会えると良いですね。

 

下記お問合せフォームから不動産に関わる無料相談をお受けしておりますので気軽にお問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

ハウスクリーニング

ハウスクリーニング業者

ハウスクリーニングって何?簡単にいうと『本格的な家のお掃除』のことなんです。 不動産屋の仕事を

記事を読む

火災保険注意点

火災保険加入の注意点

火災保険 皆さんは ちゃんと加入していますか? 不動産を手に入れたら 安心し

記事を読む

他業種と不動産業

他業種から不動産業へ

平成23年9月29日 今から2年以上前の話ですが私にとって衝撃的なニュースがありました。 『イ

記事を読む

野立て看板

野立て看板

野立て看板(のだてかんばん)とは街路や路地、田畑などに設けて、通行人や乗客に店舗や企業などをPR、案

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

不動産業界の行末

気がつけば前回の更新から2年半以上の月日が流れました! 皆さんお

自然災害と不動産
自然災害と不動産【地震保険値上げ!】

はるかの不動産教室、相変わらず更新頻度が少なくて申し訳ないです。もっと

囲い込み絶対ダメ!【週刊ダイヤモンドさん素晴らしい!】

平成27年4月13日 久しぶりに感動しました!週刊ダイヤモンドさ

物件を隠す?不動産業界で絶対にあってはいけないこと

張り切って今日もブログを更新したいと思います。 今日は不動産業界

不動産業界は変わらない
不動産業界はどう変わるのか?

本記事はこれからの不動産業界の事を考えて私の個人的な考えをお伝えするも

→もっと見る

  • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
    にほんブログ村
PAGE TOP ↑