*

欠陥マンション

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 マンション

憧れの新生活!「夢は素敵なマンションを手に入れること」なんて人もいると思いますが欠陥マンションを購入してしまったら皆さんどうしますか?高いマンションだから安心?いいえ、そんなことはありません。億ション(一億円を超えるような超高級マンション)であっても欠陥マンションだったりするんです。

南青山高級マンションを建て替え-鹿島が費用負担

三菱地所が東京・南青山に建設中の

高級マンションの工事に不具合が生じていた問題で

建て替えを決定したことが17日までに明らかになった。

取り壊しと新たな建設費用は施工業者である鹿島建設が負担する。

今日のYAHOOニュースからの引用です。欠陥マンションに関わってしまった人達はとても大変な思いをします。

  • 三菱地所(ブランドイメージの悪化)
  • 鹿島建設(大きな金額的負担)
  • 既契約者(精神的損害)

欠陥マンション手って本当に致命的なんです。

欠陥マンションを買ってしまったら

人間ですからミスが起きないなんてことはありません。また少しでも儲けたいという気持ちから欠陥マンションが出来上がることもあります。※姉歯事件も大変でしたよね!

そんな欠陥マンションを買ってしまったらどうなるのか?本記事では簡単な事例を交えてご紹介させて頂きます。

欠陥マンションの具体例

名古屋市内のあるマンションで共用部分に施工不良がありました。内容としては

  • 駐車場の陥没
  • 共用階段の壁のはがれ
  • 共用廊下の雨漏り

新築後5年ほど経ってから問題が大きくなりマンションの住人と売主(超大手不動産会社)・施工会社(超大手ゼネコン)の間で何度も話し合いが行われました。

3つの問題の中でも駐車場の陥没については話し合いがかなりヒートアップしたんです。

というのは、マンションの住人は『駐車場が陥没するとということはマンション自体も沈下しているんじゃないの?』と思っているのに対して

売主・施工会社は『あくまで駐車場部分の転圧(土を固める事)不足によるものです。』という説明に終始したからです。

そのマンションを管理している管理会社の人と仲が良かったので教えてもらったのですが話し合いの会場は怒号が飛び交いかなり殺気立っていたそうです。

ちなみに全体で100世帯ほどの方が住んでいるマンションだったのですがかなり熱くなっている人が3人いてその3人が売主・施工会社に対して

マンションの建替えもしくは損害賠償(金よこせ!)を要求していたのです。

そんな話し合いに嫌気がさした住人の中で『もう、このマンション売ってしまおう!』なんて人が沢山出てきました。そのマンションは築5年しか経っていないのに10件も売却に出ているという異常な状態になったんです。

欠陥マンションは安くしか売れない!

同じマンションから10件も売却が出てくると購入する側から次のような質問が必ず出てきます。『あのマンション何か問題でもあるの?』不動産屋さんとしては管理会社から総会の資料を手に入れてますので『売主さん・施工会社さんとマンションの住人との間でもめています。』と説明をします。

すると当たり前ですが案内をした時にどれだけ気に入っていても『そんなもめてるマンションはいやだな~』と言って購入を見送られてしまうんです。

その結果、本来の相場からするとかなり安くしか売れなくなってしまうんです。

本記事まとめ

欠陥マンションを手にしてしまったら本当に不幸になってしまうんです。長期間にわたる話し合いにもストレスがたまります。ストレスから逃げ出したくて売りに出しても安くしか売れないんです。(ローンが残っていると売りたくても売れないなんてことも…。)

欠陥マンションは新築時にパッと見て分かるものではありません。(よっぽど建築の知識があって施工中ずーっと現場を見ていれば気付くかもしれないですが…。)

大手だから安心というわけでもありません。(結局施工するのは下請け、孫請け会社なので…。)

結局、欠陥マンションをつかんでしまうか否かは運なんです。※別記事で欠陥マンションの見極め方をご紹介していきたいと思います!

もし、欠陥マンションを手にしてしまったらマンションの住人同士で協力して売主・施工会社と戦うしかないんです!

ただ大手であればあるほどとっても優秀な弁護士さんを使ってきます。(素人を法知識で丸め込もうとします。)

冒頭の鹿島建設さんのように非を認めて紳士的に対応する姿勢を見習って欲しいものですね!

 

『はるかの不動産教室』は日本ブログ村に参加しています!下のボタンをクリックしてくださいね!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

下記お問合せフォームから不動産に関わる無料相談をお受けしておりますので気軽にお問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

マンションの最上階は暑い?

マンションの最上階は暑い?

不動産屋さんをやっているとお客さんから次のような質問をよく受けます。 「マンションの最上階は暑

記事を読む

マンション角部屋デメリット解決

マンションの角部屋のデメリットの解決方法

『マンションの角部屋は買い?』の記事でご紹介したとおりマンションの角部屋には以下の2つのデメリットが

記事を読む

ライオンズマンション

ライオンズマンション

ライオンズマンションって何? 皆さんも一度はこの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?ち

記事を読む

マンションの一階は買い?

マンションの一階は買い?

前回の記事マンションの最上階は暑い?ではマンションの最上階のメリットやデメリットについて書かせて頂き

記事を読む

ゲストルーム

先日、友人のマンションに招待された時に ゲストルーム に泊めてもらいました。とっても快適

記事を読む

マンションの寿命

マンションの寿命

『マンションの寿命は何年なの?』 なんていう質問をお客さんから受けることがあります。正解は

記事を読む

ペット可

ペット可マンション

ペット可マンション!ペット可賃貸!ペット可ホテル!など『ペット可』と言う言葉をよく聞きませんか?

記事を読む

〇〇が見える

〇〇が見えるマンション

『海が見えるマンション』『富士山が見えるマンション』『東京スカイツリーが見えるマンション』『夜景の見

記事を読む

マンションの最上階の暑さ対策

マンションの最上階の暑さ対策

以前マンションの最上階は暑い?の記事でご紹介させて頂きましたがマンションの最上階は暑いんです。暑い中

記事を読む

マンショントラブル

マンションのトラブルで一番多いのは?

マンションのトラブルって何? マンションは壁や床の向こう側には違う人が住んでいるんです。だから

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

不動産業界の行末

気がつけば前回の更新から2年半以上の月日が流れました! 皆さんお

自然災害と不動産
自然災害と不動産【地震保険値上げ!】

はるかの不動産教室、相変わらず更新頻度が少なくて申し訳ないです。もっと

囲い込み絶対ダメ!【週刊ダイヤモンドさん素晴らしい!】

平成27年4月13日 久しぶりに感動しました!週刊ダイヤモンドさ

物件を隠す?不動産業界で絶対にあってはいけないこと

張り切って今日もブログを更新したいと思います。 今日は不動産業界

不動産業界は変わらない
不動産業界はどう変わるのか?

本記事はこれからの不動産業界の事を考えて私の個人的な考えをお伝えするも

→もっと見る

  • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
    にほんブログ村
PAGE TOP ↑