*

土地の境界線のトラブルの解決方法

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 境界

土地、境界線のトラブルは土地の取引において一番多く起きると言っても過言ではないんです。

土地の境界線トラブルに巻き込まれてしまうと

  • 売主さん
  • 買主さん
  • 不動産屋さん
  • 隣の土地の人

その他にも沢山の人たちが頭を抱えることになるんです。

土地境界線のトラブルをそもそも起こさないために

また土地境界線のトラブルに巻き込まれてしまった時にどのような解決方法が必要になるのでしょうか?

そもそも土地境界線のトラブルって何で起きるの?

土地の境界線ってどうやって決めるの? 

の記事でも少しご紹介させて頂いているのですが土地境界線のトラブルが起きる最大の原因として

『そもそも土地の境界線が分かっていない』ということあげられるんです。

自分の土地が一体どこからどこまでなんだろう?ということを正確に答えられる売主さんの方が少ないんです。

売主さんは『自分の土地を売却しよう!』と思って、不動産屋さんに相談をして初めて正確に土地の境界線のことについて知るケースも多いんです。

売主さんによくある土地境界線の勘違い

  1. 隣の土地との境界線が塀の位置だと思っている
  2. 隣の土地との境界線が杭(昭和時代に設置されたもの)の位置だと思っている
  3. 隣の土地との境界線が動くわけがないと思っている

以上の3つは本当によくある勘違いなんです。

1は何で勘違いなの?

塀の位置はあくまで目安にしかならないんです。そもそもその塀は売主さんのもの?隣の土地の人のもの?古い塀などはまっすぐ設置されているとは限りません。(職人さんが経験と勘で作っているケースも多いので…。)塀の位置で土地の境界線を判断するのはとても危険なことなんです。

2は何で勘違いなの?

杭があるから安心だと思い込むのも危険なんです。その杭は一体いつ設置されたものなんでしょうか?昔は測量の技術も今に比べるとお粗末なものでした。当時の測量技術を信じて土地の境界線を判断するのはとても危険なんです。

3は何で勘違いなの?

境界線は動かない?答えはNOです。知らないうちに杭の位置が動いていた(車がぶつかったりして動いてしまうことも…。隣の人が勝手に位置を変えてしまったなんてことも…。)境界線は動くんです。自分の土地が知らないうちに小さくなっていた!なんてことにならないように細心の注意が必要なんです。

売主さんの小さな勘違いで大きなトラブルを起こさないためにも土地境界線に関する知識を身につけるようにしてくださいね!

土地境界線の事がよく分かるサイトはこちら

土地境界線のトラブルの具体例とその解決方法

ここからは実際に起きた土地境界線のトラブルとどのような解決方法があったかを簡単にご紹介させていただきます。

土地の境界線から屋根の一部がはみ出していた!

土地の売買契約が終わって引渡しに向けて測量を行ったらなんと隣の家の屋根の一部がはみ出していることが判明!売主さんはそのままで引渡しをしたい!買主さんは屋根の一部を撤去して欲しい!そんなトラブルがあったんです。

実際の解決方法

隣の方にお願いして屋根を一部解体、補修させて頂きました。

屋根を解体してそのあと雨漏りなどしないように補修するのはとっても大きなお金が掛かるんです。(本ケースでは20万円ほど掛かりました…。)

屋根の修理を専門で請け負っている会社を探すのは大変でしたが私の場合はタウンページやこちらのサイト屋根修理ネットを利用しましたのでよろしければ参考にしてください。

その他の解決方法

隣の人がすんなり解体、補修をOKしてくれない場合の解決方法として

  • 覚書を交わす(将来隣の人が建て替えをする際には壊してね!という内容で作成)
  • 土地を一部分筆して隣の人に譲る(もちろん買主さんには減った面積分減額をする)

などがありますが、また別の記事で詳しくご紹介させて頂きたいと思いますので楽しみにしていてくださいね!

筆界特定制度を使うという境界線トラブルの解決方法もあります。参考にしてみてください。

 

『はるかの不動産教室』は日本ブログ村に参加しています!下のボタンをクリックしてくださいね!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

下記お問合せフォームから不動産に関わる無料相談をお受けしておりますので気軽にお問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

隣地トラブル事例

隣地トラブル事例①

はるかの不動産教室の更新が長期間出来ず申し訳ございません。本業がかなり忙しくてなかなか更新できません

記事を読む

あなたの土地を守るために・・・【境界線トラブルは未然に防げる!】

土地を購入するとき 家を建て替えるとき あるいは新しく塀や垣根をつくろうとしたときに

記事を読む

土地家屋調査士

土地家屋調査士さんの見積もり

『あなたの土地を守るために…【境界線トラブルは未然に防げる!】』 や 『解決方法』の記事でも少しご紹

記事を読む

杭を残して悔いを残さず

土地の境界線ってどうやって決めるの?

最近、土地の境界線におけるトラブルの相談がよくあるんです。 そこで、本記事では 『そもそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

不動産業界の行末

気がつけば前回の更新から2年半以上の月日が流れました! 皆さんお

自然災害と不動産
自然災害と不動産【地震保険値上げ!】

はるかの不動産教室、相変わらず更新頻度が少なくて申し訳ないです。もっと

囲い込み絶対ダメ!【週刊ダイヤモンドさん素晴らしい!】

平成27年4月13日 久しぶりに感動しました!週刊ダイヤモンドさ

物件を隠す?不動産業界で絶対にあってはいけないこと

張り切って今日もブログを更新したいと思います。 今日は不動産業界

不動産業界は変わらない
不動産業界はどう変わるのか?

本記事はこれからの不動産業界の事を考えて私の個人的な考えをお伝えするも

→もっと見る

  • にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
    にほんブログ村
PAGE TOP ↑